nanto-e.com archive

今日から三月

2011年03月01日
この前、年が明けたと思ったらもう三月です。

56年、59年に続く積雪だったと新聞に出ていたようですが、今はもうすっかり減ってしまいました。

本日から、3月定例会が始まりました。
先日の城端選挙区の補欠選挙により古軸氏が当選し、今日から正式に仲間入りを果たされた。
20日の告示日に無投票当選が決まっていたのだから、21,22日の議案説明会から出席していても良かったのではないかと思うのですが・・・

今日の本会議は、古軸氏の当選に伴う議席の変更と市長の提案理由説明でした。
45分にも及ぶ提案理由説明は、聞いていて時間の割りには物足りないものでした。
長ければ良いというものではないと思います。
短くとも、市長の意気込みが語られていれば良かったのですが・・・

明日は、議会改革の検討会です。
この辺りも検討課題に挙げるべきなのか・・・

ひな祭り

2011年03月03日
今日は、3月3日ひな祭りである。

先々週だったか、先週だったか長女に手伝ってもらって、雛飾りの飾り付けをしました。が、我が家の娘たちはお雛様にあまり思い入れが無いようである。
明日には、片付けなくてはいけないのだが・・・

今日、予算特別委員会の質問要旨を提出しました。
10日の3番手に登壇の予定で、時間は11:10頃です。
なかなか傍聴いただけない委員会ですが、一応お知らせいたします。

昨日は、自民クラブ総務文教分科会で、市PTA連絡協議会の方々との懇談会でした。
当方も長くPTAに関わってきましたが、当時とは違った色々な悩みをお聞かせ頂きました。

 ・携帯電話に関する問題
 ・少子化による部活動の問題
 ・いじめや不登校の問題
 ・通学区域の問題   etc・・・

中でも気になったのは、給食費の滞納(不払い?)が増えていることと、性に関する問題(詳しい内容はちょっと紹介できない・・・)でした。

これからも、様々な方々との本音トークの場を大切にしていきたいものです。

一日中、睨めっこ

2011年03月04日
予算特別委員会の質問の件を片付けたところで、今日は朝から議案書と睨めっこでした。

当方は、2年間民生病院の委員会に所属しておりましたが、今回は産業建設常任委員会ということで、新鮮な気持ちで眺めておりました。
民生費は削れない予算の塊でしたが、産業建設の分野は投資的経費が多く、事業をどの様に評価するかによって、意見が分かれるところだと思います。

市民目線で、しっかりと吟味していきたいと思います。

夕方、井波で県議選候補予定者の討論会がありました。
駐車場が一杯でウロウロしましたが、場内は幾つか空席がありました。
3人3様の主張で、面白い討論会でした。
今後とも、この様な会を色々な場面で行って、真に南砺市の県議として相応しい人を選んで欲しいと感じました・・・

山田シンポジウム

2011年03月06日
恒例の山田シンポジウムが行われました。


24回目となる今回は、「今一度考えよう、どうなる?これからの山田!!」と題し、少子化・高齢化の進行する地域の今後を考えるシンポジウムでした。

基調講演として、2名の方の講演を聞きました。
 ・日の出屋製菓産業?代表取締役社長 川合 声一氏
  「ローカル企業と地域の元気づくり」
 ・赤い糸 結の会会長 山田 由理枝氏
  (ヤマヒデホーム専務取締役)
  「人と人との御縁を大切にした地域・元気づくり」

その後、(財)地域振興研究所の谷本理事がコーディネーターとなり、川合氏、山田氏に西井自治振興会長と水口寿福会長をパネリストとしてパネルディスカッションを行いました。

婚活の話題で大変盛り上がり、地域として色々な取組みのヒントが見えたようでありました。

新年度は、市として婚活に向けた新事業が展開されるのですが、行政主導というよりそれこそ市民協働で少子化・高齢化に対する解決策が展開されることを期待します。

地域ICT・・・

2011年03月07日
そくさいネット「ふれiTV」事業発表会がありました。

森田総務大臣政務官の他、来賓をお迎えしてのお祭り(イベントとも言えない・・・)がありました。
国の補助金を使って、膨大な無駄遣い事業を市長が大々的にPRしておりました。
ユビキタス何とかと言って、正当化しているが、山田村の二の舞になることは目に見えている。
結局は、ヨー○○○の根太上げで終わることは取り掛かる前から解っている・・・

そろそろ、ヨー○○○に見切りをつけて、市民に有益な事業に目を向けて欲しいものです・・・

3月定例会

2011年03月09日
昨日は、代表質問と一般質問で、今日は一般質問でした。

2日間で、自民クラブと市民の会の代表が質問し、14人が一般質問しました。
新聞にも載っておりますが、代表質問と言いながら二人の質問の内容がカブっておりましたし、一般質問でも代表質問とカブっておりました。
折角の質問なのに、カブっていては議会としての存在意義を問われかねない・・・
総括質問・総括答弁で満足いく答弁を得られずに、悶々としている人もいたようであります。

当方は、明日の予算特別委員会で3番手に登壇しますが、欲求不満に陥らないよう頑張るつもりです。

生憎、一般傍聴の申し出は叶いませんでしたが、今後に期待したいと思います。
議会活性化のために、現在の質問のやり方は改める必要があるようです。
市民の皆様のご意見をお伺いしたいものです。

まずまず・・・

2011年03月10日
本日、予算特別委員会で質問に立ちました。

5人の質問者の3番手でした。
質問要旨は以下の通りです。

 ○スポーツ振興計画の推進について
  ・次代を担う子どもの育成
  ・生涯スポーツ社会の実現
 ○生涯スポーツと介護予防
  ・介護予防事業の現状
  ・事業の周知

細かな内容は議会だよりに譲るとして、一番訴えたかったことは
 ・運動機会の習慣づけによる、疾病予防・介護予防
  ⇒民生費の抑制
 ・部局横断による執行体制の構築⇒スリムな行政組織
という、2点であります。

最後は時間切れで、部局横断の執行体制の構築までしっかりと伝えられなかったところがありました。
あと、1分欲しかったなぁ〜!!
自己採点では70点位でしょうか・・・

携帯も通じない

2011年03月11日
今までにない巨大地震「東北地方太平洋沖地震」が日本を襲いました。

マグニチュード8.8という未曽有の地震による被害に加え、火災や津波で被害は拡大する一方であります。
JRも飛行機も全面ストップするなど大混乱であります。
交通手段の混乱はいた仕方ないところですが、その他のライフラインも打撃を受けています。
そんな中、福島第1原発で重大事故に繋がりかねない状況にあることが伝えられております。

原子炉のメルトダウンになろうものなら、それこそ未曽有の事態であります。

M党の失態の数々が地震報道で吹っ飛んだ感がありますが、緊急時の危機管理で失態が許されない状況であります。
首相には万全の態勢で、しっかりとした対応を期待します。

しかし、非常時の通信手段である携帯電話が繋がりにくい状態に陥っていることは、非常に憂慮すべき事項ではないでしょうか・・・
街中の公衆電話って、探しても無いですよねぇ〜!?

悲惨な状況

2011年03月13日
今日も、一日中悲惨な状況を報道しています・・・

地震や津波による被害に加え、原子力発電所の炉心溶融、爆発の危険性が出てきました。
関東地方では、電力不足が懸念され節電を呼び掛けるチェーンメールが2通も届きました。

我々、一般市民がいくら節電してもその量はしれています。
いっそのこと関東地方の企業で、地方に業務を移管できる企業は業務を取りやめるとか、官庁なども地方に業務移管すべきではないでしょうか?

ばら撒き4Kで財源を捻出できないM政権。
復興には相当な時間が掛かりそうであります。

そんな中、奇跡的に救出される方々の事が報じられ、一時の安堵を覚えますが、状況はそれほど明るくないのが現実なのでしょう?
少しでも多くの方々が救出されることを祈ります。

ネタに困る

2011年03月15日
今日も、テレビは地震の報道でもちきりです。

福島の原発は大変な事になっています。
アメリカのスリーマイルや旧ソ連のチェルノブイリ以上の大惨事になりそうな気配です。
新聞にも書いてありましたし、東京電力のHPでも関東、東北以外の地域での節電は余り意味が無い(無意味ではないが、関東地方には融通出来ません)と言っております。
無暗にチェーンメールを転送しないよう警告しております。

被災者にとって今必要なものは、確かな情報と家族の安否、そして水と食料なのでしょう。
そして我々に出来ることは、金銭的な支援が一番ではないでしょうか?

以前の福光大火や7.28ゲリラ豪雨の時も、全国各地から衣類や食料が送られて来たが、使い物にならずに処分に困ったそうであります。
メディアの方々は悲惨な状況の報道よりも、正確な情報の提供と真に必要な支援を訴える方向に転換して欲しいものです。

市議会では常任委員会での審議に入りましたが、相変わらず詰めの甘さが見えます。
震災報道で自分の為すべきことを見失わないよう心する必要があると思います・・・

救援物資の移送

2011年03月16日
東北地方太平洋沖地震の被災地へ向け、本日12時50分に救援物資を積み込んだトラックなどが出発しました。

500ml入りペットボトル12,000本、灯油4,000リットル、米菓40ケースの他、紙おむつや毛布などを岩手県遠野市へ届けることになります。
今後、21日には給水車が石巻市へ出発しますし、被災地からの要請により職員を派遣することになるそうです。

今後も情勢を見ながら必要な支援策を検討して欲しいものであります。

昨日は中学校の卒業式でしたが、式に先立ち、地震と津波による犠牲者に対する黙祷で始まりました。
当方は、吉江中学校の卒業式に出席したところですが、伝統である「あいさつ、歌声、掃除」がしっかりと受け継がれ、気持ちの良い校舎での感動的な式でありました。
卒業生も在校生もしっかりと挨拶してくれましたし、式歌は男も女も手を繋いでの合唱でした。
今後とも良き伝統をしっかりと受け継いで欲しいものです。

本日は、所属する産業建設常任委員会でした。
自分なりに質したいところは質すことが出来たかなぁ〜と感じておりますが、少々遠慮したところが無かったとは言えないところであります。

まだまだ、修行が足りません・・・
今後とも、勉強しなければなりません・・・

大震災の影響

2011年03月18日
今日も、福島の原発について予断を許さない状況になっていることに好転の兆しが見えないところであります。

株価や為替相場にも多大な影響を与えております。
昨日の急激な円高や株価低落は、回復の兆しを見せていた日本経済に新たな打撃を与えている状況です。
東京を中心とした関東圏内にあらゆるものが集中している現状を見直す良い機会になったと言うと言いすぎだろうか?

政府や官庁の機能、企業の本社機能を東京近郊に集中しすぎたため、今回の震災による影響に歯止めが利かない状況になっております。
危機管理、機能分担の方策をゼロから見直す必要があるようです。

今日も、小学校の卒業式がありましたが、中学校と同様に犠牲者を悼み黙祷で始まりました。
午後は、全員協議会でしたが、消防の再編と署所の人員配置の件で紛糾したところであります。
やはり、市民の安全安心を如何に確保するかが、それぞれの議員の発言に現れております。

プロ野球や選抜高校野球、Jリーグやイベントなどの他、色々な方面で開催の是非が協議されております。

市議会でも、様々な懇親会を自粛しておりますし、海外視察研修についても議論しているようです。
当方は、日頃から定例会最終日の懇親会や海外視察研修に疑問を抱いておりましたので、良いことだと思いますが、地域経済のことを考えると複雑であります・・・

やはり、有事の時だけ自粛するのではなく、日頃から市民目線で行動することが求められているのだと思います・・・

大震災の状況

2011年03月21日
大震災の報道も少しずつ変わってきているようであります。

今もなお数万人の行方不明者があっても、そこのところは触れないようにしております。
それよりも、原発の行方をしきりに報道しております。

しかし、政府を含め都合の悪いところをひた隠しにしていると感じずには居られないところであります。
ハイパーレスキュー隊や自衛隊の活動を劇的に報道しておりますが、実態はどうなのだろうか・・・

水を掛けたくらいで治まる核分裂であれば、あれほど大袈裟な施設が必要なのでしょうか?
2重、3重のシステムを講じていたのに、どれも機能しない原発とは何なのでしょう?

テレビ報道であれほど破壊された施設を見て、放水だけで終息に向かうとはとても思えない・・・

風評被害についても伝えられておりますが、マスコミは確かな情報に基づく報道を心掛けて欲しいものです。
どうも、政府に操られているようで信頼できません・・・

定例会最終日

2011年03月22日
本日、3月定例会最終日で新年度予算など全議案を可決しました。

この様に書くと、何も問題が無かったように思われるかも知れないのですが、沢山の課題を含んでおります。
当局には、予算案を否決するほどでも無いので、とりあえず可決した位の積りで、予算執行に当って欲しいものです。

そういう意味で、予算案の在り方には疑問も多いのですが、議会の在り方も大いに問われるべきなのかもしれません・・・

当方としては、出来る限りの情報を発信し、皆さんからのご意見を伺うしか方法が浮かばないところであります。
その辺は、折にふれ綴っていきたいと思っております。

通例であれば懇親会があるところですが、大震災の後ということで自粛することになりました。
来月のゴルフコンペも、5〜7月にかけて予定されていた海外視察研修も自粛の方向で進んでおります。
「うしろめたい」ところが無ければ、堂々と研修に行けば良いと思うのですが、そうではないらしい・・・

海外視察には最初から不参加の積りでしたから、どちらでも良かったのですが、議員同士のゴルフも非常に疑問です。
本年、スポーツ担当の世話役が廻ってきて困惑しておりましたが、議員同士のゴルフは是非廃止の方向でお願いします。

ゴルフをしたい人は、やりたい人だけでやって下さい・・・

今日は、ちょっと言いたい放題でしたかネ・・・?

大震災の影響

2011年03月25日
今日もマスコミの報道は、大震災関連のこと、とりわけ原発のことでもちきりのようであります。

放射能による農作物と飲料水の被害
関東地方の電力不足
プロ野球やイベントの開催の是非
拾い上げるとキリがありませんが、色々な影響がいたるところで出ております。

そんな中、統一地方選に向けた知事選が告示されました。
富山でも県議選が間もなく告示されます。
震災による影響が多分に予想されますが、日本の将来を占う大事な選挙だと思います。
携わる人も、選ばれる人も市民のこと、日本のことをしっかりと考え、行動して欲しいものです。

選挙中だけでなく、当選後もしっかりと考えて行動する候補を見分ける目を持ちたいものです・・・

たまには違った話題が欲しい

2011年03月28日
最近は、ブログの内容が大震災に関連した話題に集中しがちです・・・

マスコミも当然のように大震災のことを報じております。
そろそろ、復興に向けた話題に切り替えて欲しいものです・・・

当のわたくしも、少し違った話題をと考えるも、なかなか明るい話題が無い日々を送っております。

昨日は、在所の江ざらいがありました。
午前中は良い天気だったのですが、いつ頃からか雪が降り始め、大変な寒さの中での江ざらいでした。
雪の多い年でしたが、側溝の中はそれ程でもない土砂の少ない状態で、助かりました。

今日は、福光ビーチボール協会の理事会の後、久し振りに体育館で汗をかいてきましたが、腰の辺りに少なからず違和感がありました。
昨日の江ざらいの影響なのでしょうか?
だとすれば、まだまだ若い証拠なのかも知れません・・・

それにしても、テレビではACの告知が多数流れておりますが、同じ内容の繰り返しで少々不快に感じてしまいます。
歩道橋の階段を登る老婦人も、妙に艶のある顔に見えます。
本当に思いやりが必要な人はもっと別な人では・・・
直接の被害者ではない我々がゴミの分別をするのは当たり前ですが、災害に遭った方々は分別どころではない・・・
買占めを戒めるメッセージより、政府や東電が的確な情報を流すべきでは・・・

などと、考えてしまいます。
日頃から、国民全体で省資源、省エネルギーを実践していれば今回のような事にはならない事柄が多いと感じます。

やはり何事も日頃の行いだと思いませんか・・・?
作者 : 榊 祐人

さかき まさと と申します。農業を営みながら市議会議員をしております。小さいころから日記は長続きしたためしがありませんが、日々の出来事などを出来るだけ紹介していきます。

2014 年
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。