nanto-e.com archive

いよいよ・・・

2014年04月02日
昨日、金沢で開花宣言があったところですが、今日 富山でも開花宣言がありました。

朝から麗らかな日和で、4月下旬の気温となったようでありますが、富山の開花宣言だけでなく、小矢部川の桜並木でも咲き始めたようであります。

今週末は、川原での花見の宴で賑わうことでありましょう・・・


話しは変わりますが、STAP細胞の件ではOさん一人が悪者にされているようでありますが、理研の幹部の人たちには全く非が無いのでしょうか・・・

一説には、国の補助金確保のために、この問題を早く終息させたいと言う事情があるとか・・・

何れにしても、罪人をあぶりだすことより、理研の皆さんがSTAP細胞の存在を証明して欲しいものであります。

入園式

2014年04月04日
本日は、山田保育園の入園式でした。

卒園式の後、ちょっぴり寂しい保育園でしたが、7名の新入園の友達が増えました。
加えて、昨年の途中入園の2名も紹介がありました。

子どもたちの可愛いしぐさに見惚れ、写真を撮るのを忘れておりました。
画像でお知らせ出来ないことをお許し下さい。

園長の辻村先生が退職され、主任保母の前川先生を井口保育園に送りだし、新しく高坂園長と尾川園長代理をお迎えし、山田保育園は29名の園児と9名の職員で新しく船出をしました。

入園式に先立ち、9時からどんぐり保育園の竣工式があり、いよいよ南砺市の統合保育園は福光東部統合保育園だけとなりました。

順調にいけば27年度に建設し、28年4月開園の予定であります。

山田保育園も、あと2年で統合されることになりますが、小規模保育園ながら地域の特性を生かしながら、子どもたちの健やかな成長を見守っていきたいものであります。

統合後の跡地の活用についての問題もあり、小規模なりの良さを見失うことにはチョッと寂しいところもあります・・・

武蔵野市訪問

2014年04月06日
昨日、今日と武蔵野市の桜まつりに行って参りました。




旧利賀村とのご縁で、友好交流を行っている武蔵野市から毎年”そばまつり”に来て頂いていることから、昨年出席しようと企画したところでしたが、春の嵐で中止となり今年再チャレンジで念願が叶いました。

昨晩は盛大な交流の宴となり、今朝はチョッと”きつい朝”を迎えることになりましたが、パレードや式典に同席させていただきました。

東京の桜は散り初めと言ったところで、花びらが雪のように舞っておりました。

夕方の便で戻って来ましたが、車の窓が凍る位に冷え込んでおり、ようやく咲き始めた小矢部川の桜も凍えているようでした。

昨日は、武蔵野市に着いて時間があったので、アンテナショップを覗いてきました。


友好交流都市の品物を色々と揃えているお店なのですが、残念ながら南砺市の商品はチョッと少なめでありました。

南砺市ブランドをもっとPRするよう頑張らねば、と感じた次第であります。

真相は・・・

2014年04月10日
最近、真相がハッキリしない事案が多いような気がします。

今日は、日本のプロ野球のボールが基準値を上回る”飛ぶボール”だったらしい・・・
去年も、この問題でコミッショナーが辞任したはずなのに・・・

STAP細胞の関連では、小保方さんが理研から捏造の烙印を押され、昨日反論会見を行ったところでありますが、香港で再現実験に成功したとか・・・
論文の不備などは、我々にとってどうでも良い事なので、香港のニュースは小保方さんにとってもグッドニュースだと言えます。
理研として、STAP細胞が無いとは言えない状況になったと思います。
是非、再現に成功して欲しいものであります。

○○なの党のW氏が党首を辞任しましたが、依然お金の使い道は”闇の中”のままでありますし、使い道どころか、先日返済したお金の出所までもが説明不足であります。
それこそ、疑惑のオンパレードであります。
I都知事が5千万円で辞任したのに比べると、8億円もの巨額な不明金で議員を続けることが出来るとは・・・
W氏は、真相を明かし議員辞職すべきだと思うのですが・・・

まっ、辞職しなくとも政治生命は終わっているか・・・?

新年度が始まり、色々と新しい体制がスタートしているなか、田植えに向け色々と準備しているところであります。
今朝は、酒米の芽出し苗の箱をビニールハウスに並べましたが、夜になって冷え込んできましたので、ハウスの中にロウソクを点てております。
ビニール越しにチラつくロウソクの灯りが幻想的な雰囲気を醸しております。

まだまだ朝晩の冷え込みも厳しく、日中吹く風も冷たいところでありますが、我が家の納屋に今年もツバメがやって来ました。
今は、巣作りに忙しいようでありますが、可愛いヒナの誕生を望むところであります。

また、最近はウグイスの鳴き声で目覚めるようになりました。
まだ、ぎこちない”ホー、ホケキョ”ですが、その内立派な鳴き声になる事でしょう・・・!!

小矢部川の桜も満開となり、本格的な春を迎えつつあります。

前途多難・・・

2014年04月15日
今日は、久々に愚痴ります。

この様な事を、ブログに書くと炎上するかもしれませんが、敢えて書きます。

今日の特別委員会のことであります。
明日の朝刊で、どの様な事を書かれるのか解らないのですが・・・


昨年の12月議会で議会基本条例が可決され、本年4月から施行されたところでありますが、今後の議会のあり方を議論する特別委員会でありました。

内容は、議会改革の方向性を見定める議論はさておき、28年度の選挙に向けての議員定数の話となりました。

それ自体は、いずれ議論すべきことだとは思うのですが、「定数削減ありき」の進め方に非常に違和感を感じました。

それよりも、3年前に色々な議論の末に「大選挙区制」と「定数24」としたにも拘らず、議会本来の姿を見失う意見が出てきたことに唖然としました。

当方の立場を先に述べておきます。
 ・民主主義の根幹を支える議員定数の削減は慎重に考え
  なければならない
 ・財政改革の流れと議会改革は切り離して議論すべき
 ・議会改革は、議会及び議員にとって永久の課題である
の、3点であります。

財政改革を旗印に議員定数を削減するのは、愚の骨頂であります。民主主義を重んじるべき議員が、自ら定数削減を論じるより、報酬を削減すれば事足りるのであります。
現在の報酬を半減して、以前の定数30に戻しても結果的には5千万円以上の財政削減になります。

もう1点は、折角「大選挙区制」に移行したにも拘らず、いまだに”地元”発言があることであります。
南砺市の代表として選ばれたはずの24人なのですが、南砺市の将来よりも地元の意見を尊重している・・・

自分自身、地元の意見を無視する訳にはいかないことを十分に解っておりますが、出来る限り南砺市民全体の利益を優先するよう”行動”と”発言”をしてきた積りであります。


これ以上、書くととんでもないことになりそうなので止めときます・・・

何れにしても、24人でシッカリと議会改革について議論した上で、定数削減止むなしとなれば反対する理由はありませんが、議会のあり方を問う議論を抜きにして、議員定数の話しをすることは自殺行為と言うより職務放棄だと思います。

”議会として””議員として”やるべき事を見定めた「議会改革」の議論になる事を祈ります。

ぶり返してきました

2014年04月22日
永らく、膝の痛みを忘れていたのでありますが、先日からトラクター作業に専念していたところ、痛みがぶり返してきました。

トラクターと言えば、ただ機械に乗っているだけに近いのですが、微妙な振動が影響しているのか妙な痛みであります。

膝の軟骨成分が失われているせいかも・・・
グルコサミンとかコンドロイチンを補わなくてはいけないのか・・・

これから農作業が本番となるのに、情けない限りであります。

先日から韓国の貨客船が沈没し、大騒ぎとなっております。

大事故には違いないのでありますが、韓国の国民性が原因の様な気がしてなりません。

事故発生当時、操船していたのが船長でなかっとか、乗組員が避難誘導訓練をしたことが無い。
加えて、乗客の避難をさておき、真っ先に逃げてしまう・・・

危機管理とか言う以前の問題が多い事件であります。

日本やアメリカの善意の申し出を断っただけでなく、韓国高官の被害者への対応にも非難が出ているとか・・・

日本では、考えられない事態であります。

竹島問題とか、従軍慰安婦問題とか色々と日本を攻撃している韓国ですが、日本人の懐の深さなどを見習ってほしいものです。
作者 : 榊 祐人

さかき まさと と申します。農業を営みながら市議会議員をしております。小さいころから日記は長続きしたためしがありませんが、日々の出来事などを出来るだけ紹介していきます。

2014 年
2013 年
2012 年
2011 年
2010 年
2009 年
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。